ノコギリヤシサプリ ボストンを購入したお客様の効果レビュー集

タバコと薄毛の関係

タバコと薄毛

 

タバコは抜け毛の原因

 

タバコは薄毛の原因になります。

 

タバコを吸うと髪が抜けるというのではなく、まず細くなっていきます。

 

タバコを吸うと、血流が悪くなり、頭皮の毛細血管に栄養やが行き届かなくかくなります。

 

栄養が行き届かなくなった髪は次第に細くなり、ハリやコシを失い、最終的には抜けるということになります。

 

それに加えタバコは体内のビタミンCも大量に消費します。

 

人の体内には、約1500mgのビタミンCが蓄積されているのですが、ニコチンの含み量にもよりますがタバコを1本吸うと、25mgから100mgのビタミンCが体内から奪われると言われています。

 

ビタミンCの一日の推進摂取量は100mgなので、タバコ4本吸うとせっかく摂ったビタミンCが帳消しになってしまいます。

 

ビタミンCが不足すると、肌荒れや感想に繋がります。

 

もちろん頭皮の感想にも繋がりますので、髪にとっては悪影響と言えます。

 

タバコを止めると肌がキレイになったというのも、このビタミンCの影響です。

 

喫煙されている方は、なかなか止めれないと思いますが、止める事により美容に関しては大きなメリットが沢山あります。

 

 

⇒トップページに戻る