ノコギリヤシサプリ ボストンを購入したお客様の効果レビュー集

亜鉛は髪を作る栄養素

亜鉛が不足するとハゲの原因に

 

髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。

 

ケラチンを多く含む食べ物としては、
肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品などが挙げられます。

 

丈夫な太い髪を維持するには、まずこれらの髪の基本となる栄養をしっかりと摂取する必要があります。

 

しかし、いくらこれらのタンパク質をしっかりと摂っていても、これらの栄養だけでは髪を作る事はできません。

 

髪に必要なタンパク質を髪に変えるには、亜鉛が必要不可欠になってきます。

 

亜鉛はミネラルの一種で、タンパク質を髪に変える事ができる重要な栄養素です。

 

亜鉛が不足すると、せっかく摂ったタンパク質も髪に変えることはできなく体外に排出されていきます。

 

亜鉛を多く含む食品

 

髪に必要なタンパク質は、肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品など日常から食べる食べ物から摂取できますが、亜鉛は日常あまり食べないものに多く含まれています。

 

亜鉛が多く含まれている食品としては、カキ、レバー、チーズ、卵黄、うなぎ、アーモンド、ほたて、などに多くの亜鉛が含まれています。

 

また亜鉛は吸収率が悪い栄養素なので、これらの食品を食べても含まれる全ての亜鉛が体に吸収されることは難しいです。

 

そこで、亜鉛の吸収率を上げるのを助ける役目をするのがビタミンです。

 

ビタミンは亜鉛の吸収率を高める効果があり、一緒に摂ることによる効率良く亜鉛を吸収することができます。

 

ビタミンを多く含む食品としては、野菜、豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳など挙げられます。

 

レバーはビタミンを多く含む食品なので積極的に食べるのが良いです。

 

まとめますと、丈夫な髪を作るには、

 

1、まず髪の元になるタンパク質をしっかり摂る
タンパク質を多く含む食品は、
『豆・豆腐・納豆・きな粉・卵・牛乳・ゴマ・わかめ・野菜・魚・しいたけ・いも類』

 

2、そしてタンパク質を髪に変える栄養素 亜鉛を摂る
亜鉛を多く含む食品は、
『カキ、レバー、チーズ、卵黄、うなぎ、アーモンド、ほたて、納豆』

 

3、ビタミンで亜鉛の吸収率を高めて髪を作りやすくする
ビタミンを多く含む食品は、
『野菜、豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳』

 

これらの栄養を偏らないようにバランスよく摂ることが、丈夫な髪作りの基本となります。

 

 

⇒トップページに戻る