ノコギリヤシサプリ ボストンを購入したお客様の効果レビュー集

亜鉛の1日の摂取量の目安

亜鉛は摂り過ぎると危険

 

亜鉛は抜け毛、薄毛対策をする上では欠かせない栄養素ですが、摂りすぎると銅や鉄の欠乏症となり、体内のミネラルバランスを崩す可能性があります。

 

厚生労働省による亜鉛の1日の推奨量は、成人男性で9ミリグラム成人女性で7ミリグラムとされています。

 

そして、1日に摂っても良いとされている最大値は20ミリグラムとされています。

 

抜け毛、薄毛対策をするなら最大値の20ミリグラムは毎日しっかり摂取したいところです。

 

20ミリグラムってどれくらいなの?

 

亜鉛20ミリグラムと言っても分かりにくいので、どんな食品にどれくらい亜鉛を含んでいるのかご紹介させて頂きます。

 

これは100グラム当たりに含まれる亜鉛の量ですが、

 

牡蠣・・・13.2mg
豚レバー・・・6.9mg
蟹の缶詰・・・4.7mg
牛ひき肉・・・4.3mg
卵・・・4.2mg
煮干し・・・7.2mg
ごま・・・5.9mg
牛ヒレ・・・4.2mg
毛蟹・・・3.8mg
(100グラムあたり)

 

このような数字になっています。

 

やはり牡蠣は亜鉛で有名ですが、ダントツの亜鉛含有量となっています。

 

しかし、牡蠣は毎日は食べる事はないと思いますので、この中で毎日食べれるものと言えば卵ではないでしょうか。

 

薄毛対策で、卵かけご飯が良いというのもよく耳にする話です。

 

しかし、亜鉛20mgを摂取するために卵を何個も食べるのは、コレステロールの摂り過ぎになるのでよくありません。

 

大切なのは、バランスです。

 

バランスよく亜鉛の含まれている食品を食べることが薄毛対策で重要になってきます。

 

 

⇒トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亜鉛摂取量

 

許容上限:30mg
最大値:15mg
必要量:8mg
推奨量:7mg
(1日当たりの亜鉛摂取量)

 

 

亜鉛摂取量の目安

 

一般的に言われている1日の亜鉛摂取量目安は7ミリグラム。

 

厚生労働省による亜鉛摂取量

 

厚生労働省によれば亜鉛の1日当たりの摂取量は3〜15ミリグラムにせよということです。

 

亜鉛摂取量

 

【1日当たりの亜鉛摂取量】
成人男性:推定平均必要量8mg、推奨量9mg、上限量30mg
成人女性:推定平均必要量6mg、推奨量7mg、上限量30mg
(アメリカ推奨量、男性:11mg、女性8mg)

 

男女の違い

 

性別による亜鉛摂取量の目安を定義しているケースもあるようです。
成人男性は12ミリグラム、成人女性は9ミリグラムだとか。体重や体の機能が異なるのですから当然かもしれません。

 

年齢の違い

 

年齢によっても亜鉛の摂取量は変わってきます。子供と大人では体格や体重が異なるから当然です。
乳児、幼児、青年、大人と摂取目安量は多くなり、厚生省の目安量とは18歳以上がおおよその対象であり、以後中年老齢まで変わりません。

 

亜鉛の過剰摂取

 

亜鉛を摂取し過ぎますと銅や鉄の欠乏症となり、体内のミネラルバランスを崩す可能性がありますのでよくありません。

 

50mg以上の亜鉛を毎日摂取すると問題になることが指摘されています。アメリカ国立がん研究所の報告によれば1日100ミリグラム以上の亜鉛を10年以上服用しつづけると発がん性があるとのことです。